b型肝炎は医学的な意味では完治しない難病に分類されるため、発症した場合は健康管理に細心の注意を払う必要があります。専門の医療機関で適切な治療を受け、ウイルスの増殖を防ぐことが重要です。また、生活習慣に問題があると症状が進んでしまう可能性がある点を注意することが大切です。

b型肝炎の症状の詳細を学び、暮らしの中で健やかに保つことを心がけましょう。

b型肝炎の症状と感染経路の詳細

b型肝炎はウイルス性の感染病の一種で、肝臓がウイルスに感染することで発症する病気です。初期症状は倦怠感や食欲不振など、疲労が蓄積した際の不具合に似ていることから気が付きにくい問題があります。症状が進むと吐き気や悪寒を感じるようになりますが、風邪や食中毒の症状と誤解してしまうこともあるので早期の治療が難しい傾向があります。

やがて肝臓が肥大し、肌が黄色に変色する黄疸の症状が出てようやく自覚に至るケースが多数です。b型肝炎は自覚症状が他の病気に類似しているので対処が遅れやすいことから、定期的に健康診断を受けて異常の有無を確認するのが症状の悪化を防ぐための心得です。

b型肝炎は他者に感染する病気でもあるので注意が必要です。特に妊娠した母体から胎児に感染する母子感染は症状が重篤化しやすく、死亡率も高い傾向があります。また、血液製剤を使用して感染するケースも過去には複数確認されています。

b型肝炎のウイルスは旧式の検査では判別できなかったのが原因ですが、現在では血液製剤の原料になる血液の検査を入念に行っているので、ウイルスに汚染された薬剤が出回る危険は殆どありません。b型肝炎の感染力は感染症の中でも低い部類に入るので、近くに座ったり一緒に入浴する程度では感染する危険はありません。

しかし、ウイルスに汚染された血液が傷口に触れたり、感染した人との性交で症状に見舞われる可能性があります。

b型肝炎を患った際の治療方法について

b型肝炎は肝臓の機能を著しく阻害する重度の感染症です。自覚症状が少なく、気づくのが遅れやすいことから症状の重篤化に陥る危険が高いのが特徴です。症状が進むと体力が急激に消耗し、他の病気を患う可能性も高くなります。

そのため、体の異常を感じたらすぐに専門の医療機関で治療を受け、b型肝炎の症状を悪化させないようにすることが大切です。b型肝炎の治療は投薬によってウイルスの増殖を抑えるのが主な方法です。

ウイルスが増えることで症状が悪化し、体力が消耗してしまうことから適切な投薬によって状態の悪化を防ぐ必要があります。

症状によって投薬の回数や薬剤の種類が変わってきますが、b型肝炎は症状が治まっても体内にウイルスが残留するので根本的な完治には至りません。

発症したら症状の進行を防ぐための治療を長く続ける必要があります。投薬治療はウイルスを増やさず、症状の進行を抑えることが出来る効果的な治療方法ですが、個人の体質によっては薬剤の副作用で健康被害に見舞われることもあります。

体調が悪くなると他の病気を患うリスクが増大するので、ウイルスの数と体の具合を考慮して健康を損なわない程度の投薬に留めることが大切です。

b型肝炎に感染しないための注意点

b型肝炎は患者が保有するウイルスが体内に侵入することで症状に見舞われる接触感染です。疾患に見舞われないためにはウイルスの保持者と接触しないのが最良の方法ですが、医療従事者のように患者と接する必要がある場合はゴム手袋の着用を徹底し、素手で触れないように気を配ります。

特に表皮に傷がある人はウイルスの感染リスクが高いので注意が必要です。また、カミソリやハブラシのように血液が付いている可能性がある物品の使い回しは絶対に行ってはいけません。表皮や口内に傷があるとその部分からウイルスが入り込み、感染するおそれがあります。

医療の現場では注射器や点滴の針、切開用のメスなど血液に触れる器具の使い回しも行わないことを心がけます。かつては消毒液に浸した器具を使い回すこともありましたが、現在では安全面を考慮して一回限りの使い捨ての器具を使うのが主流です。

b型肝炎は患者の唾液が少量触れた程度では感染しないのが普通ですが、疲労やストレスの蓄積で体力が低下している人は唾液を経由して感染する可能性があります。飲料水の飲み回しのように同じ部分に口が触れる行為は唾液を自身の体内に取り込むことになるので危険です。

疲労で体の具合が悪い時は飲み回しを行わないのがb型肝炎の感染リスクを下げる工夫になります。

日常生活の中でb型肝炎に感染する原因について

生活を営む中でb型肝炎を患う原因は保菌者との性交が多数を占めます。性交の際、粘膜からウイルスが入り込むのが感染経路なので、コンドームを使うのが効果的な予防の方法です。しかし、膣や陰茎など粘膜のある部位を口に含んだり舐める行為でもウイルスに感染する危険が高いことから、性交を行う際には十分に注意する必要があります。

直接の性行為が無くても精液などの体液が表皮の傷口に触れると感染する可能性があるので衛生管理にも気を配ることが大切です。性交以外の理由では体に傷を付ける道具の使い回しが挙げられます。近年ではファッションの一環としてピアスやタトゥーが普及していますが、いずれも体に傷を付ける行為なので注意が必要です。

道具がb型肝炎のウイルスに汚染されていると使うごとに感染者を増やしてしまう結果になります。使用する際は十分に消毒する他、b型肝炎を患っている人はピアスやタトゥーを入れるのを避けることが大切です。b型肝炎の患者は自分でも気づかないうちに体力が落ちているため、わずかな傷でも重篤な症状に陥る可能性があることを把握する必要があります。

「b型肝炎って何?妊婦さんが知っておきたい医療ガイドライン」

b型肝炎と向き合った暮らしを営む際の心得

b型肝炎にかかると症状の進行を抑えるための治療を長く続ける必要があります。金銭の負担が大きいうえ、仕事にも支障をきたす可能性があることから治療スケジュールの調整には細心の注意を払うことが大切です。また、長く続く治療は患者にとっては大きなストレスになります。

精神的な疲労が増えると体にも悪影響が及んでしまうことから、根気強く治療を続けるには近親者の協力が不可欠です。病気に対する偏見や無理解も患者を苦しめる原因になるので、b型肝炎の正しい知識を持ち、前向きな姿勢で治療に向き合うことが健やかに暮らすための大切な心得です。

詳細-b型肝炎訴訟 - アディーレ法律事務所